HOME  > コンテンツ  > 労働基準監督署の是正勧告対応

労働基準監督署の是正勧告対応

労働基準監督署の立入り調査の対応でお困りの事業主様に対して、最小限の負担で「労務管理」や「従業員の安全・衛生管理」を行えるようサポートいたします。

労働基準監督署の調査とは?

労働基準監督署による立入り調査のことを、「臨検監督」といいます。

労働基準法や労働安全衛生法を根拠に、事業所内の法違反を発見し、是正するよう求めることが目的です。

この調査には4種類あります。

「定期監督」

労働局および労働基準監督署がその年度の労働行政方針に基づいて実施します。

調査の対象や事項は決められており、焦点を絞り検査します。

「再監督」

定期監督で是正勧告を受けた事業所に、是正後確認のため立入る検査です。

また、是正勧告を受けたにも関わらず、所定期日を過ぎて、是正報告書を提出しない事業所に対しても行われます。

「申告監督」

従業員の直接申告から、労働基準法違反の恐れがある場合に行われます。

立入り調査に加え、関係者への聞き取り調査、事業主への出頭命令が下ることもあります。

「司法警察監督」

是正勧告を行った事業主が、是正勧告を無視したり、是正勧告に従わない場合、強権により行われる検査です。逮捕や送検手続きをとられることもあります。

どんな指摘を受けるのか?

よくある指摘は、下記の通りです。

就業規則の未作成、未提出その他確認

従業員10人以上の事業所は、作成および届出義務があります。

「いつか作成しよう」という気持ちを持ってはいるけど作成が面倒だったり、作成したけど古いまま放置していたり、従業員への周知義務を怠っていませんか?

雇入れ時の労働条件明示義務が不履行

労働条件の明示は口頭だけでなく、文書で交付していますか?

またその管理は適正になされていますか?

労働時間の適法な管理の有無と残業代等の未払い有無確認

賃金台帳への労働時間記載、出金簿、36協定未提出など労務管理に関する書類を徹底的に見られます。

従業員の労働安全や衛生管理の確認

健康診断の実施、記録の保存、労災事故防止策や過重労働の有無について確認します。

快適な職場環境は形成されていますか?

是正勧告とは?

労働基準監督署の調査で法令違反が発見された場合、「指導票」が交付されます。

「指導票」は、改善策を講じたほうがいい場合や今後法令に反するおそれがある場合に交付されます。

「是正勧告書」は法令に反しており、是正すべき違反行為について交付されます。

「指導票」は労働基準監督官または労働技官から交付されますが、「是正勧告書」は労働基準監督官からのみ交付されます。

そして怖いのは労働基準監督署長から「命令書」が交付された時です。

これはレッドカードと思ってください。

労働者に急迫した危険があると認められたり、重大な法違反がある場合に交付されます。

監督権行使規定に基づくものですので、命令に従わないだけで処罰されるおそれがあります。

立入り調査が来る前に、また来てしまったら・・・

本来、調査があろうがなかろうが、合法的かつ従業員の士気を高める人事労務管理制度の構築が必要不可欠です。

しかし、各種法律改正が毎年のように行われても、事業所によっては、就業規則はおろか日々の雇用管理もコンプライアンス無視の実態が多く見受けられます。

このような事業所に調査が入った場合、どれだけの是正勧告を受けるのでしょう。

昨今、労働時間に関する管理、割増賃金の支払い、従業員の身体的・精神的な健康管理などの調査が強化されており、是正勧告書1枚ではすまないのではないでしょうか。

また、最近では事業主より従業員のほうが法律を熟知しており、労働基準監督署へ直接出向いて日頃の雇用待遇について不満や訴えを口にすることも少なくありません。

なぜなら、テレビ番組やインターネットにより従業員自らが主張できる権利権限を知っているからです。当然、厄介な金銭問題に発展していく例も増えてきています。

労働基準監督署の調査に対して、ほとんどの事業主が面倒や不安を感じており、通知があった日から調査日まで、大小関わらず指摘されそうな点について一人悩まれているのが現状です。

しかし、悩んだからといって解決に向かうわけではありませんし、労働基準監督官が調査を中止するわけでもありません。

私達は専門家として事業主様の悩みを聞き、サポート・解決していきます。

また、場合によっては立入り調査にも同行し、これまでのノウハウと経験で是正勧告対応をこなしています。

調査日前の事業所であれば、指摘されそうな点について提案・検討をいたします。

そして、すでに是正勧告を受けてしまったが、どうすればいいのかお困りの事業主様、是正報告書の書き方についてお困りの事業主様、ぜひ一度ご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:30〜18:00)
03-6712-8889
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
前
適格退職年金の移行相談
カテゴリートップ
TOP
次
労務リスク診断

東京(東京都)の社会保険労務士 就業規則作成・変更 社会保険(健康保険・厚生年金保険 )手続き 加入手続き 労働保険(雇用保険・労災保険)労災申請代行 助成金 賃金・人事制度設計 許認可品川区、大田区、港区、目黒区、渋谷区、新宿区、中央区、千代田区、台東区、江東区、川崎市エリア

Copyright (C) 2008-2011 大谷経営労務管理事務所. All Rights Reserved.