HOME  > コンテンツ  > 労務リスク診断

労務リスク診断

労務リスク診断とは?

労働基準法および関連法、雇用安定法、男女雇用機会均等法、個人情報保護法をもとに企業が現に直面しているリスク、そして今後、顕在化してくるであろうリスクを洗い出し、そのリスクに対しひとつひとつ改善策を提案します。

社員のモチベーション向上のために「今、何が必要か」をお客様とともに考えていきます。

どんな企業が受けるべきか?

企業の業種や規模に制限はありません。

どんな企業でも不安や悩みはあるはずです。

特に、以下に該当する悩みがある事業主様、企業様には、悩みや不安を一掃でき安心して企業経営に専念できます。

  1. 労務管理の現状と問題点を知りたい
  2. 就業規則や社内規程を実際に運用できるものに変更したい
  3. 社員とのトラブルを防ぎたい
  4. 社員とのコミュニケーションを増やしたい
  5. 臨時雇用、パート社員、アルバイトの雇用管理ができない
  6. 外国人の雇用や在留期限管理が煩雑で対応できない
  7. 人事総務を所管する部署に最新の法改正を教えてほしい
  8. 労働基準監督署の調査や是正勧告に備えたい
  9. 社員の健康状態が管理できるシステムを作りたい
  10. 社員情報の管理が適正に行われているか確認してほしい
  11. 書類の記録・保存はいつまでなのかわからない

何を確認するのか?

「規則等の作成および書類の整備」「人事制度」「労務管理」「賃金管理」「安全衛生管理」「情報管理」の観点から弊社のチェックリストを使用し、ひとつひとつ確認していきます。

チェックマークがあればあるほど改善点は多いですし、道のりは長いですが、『診断→対策制定→対策運用』まで漕ぎつけたあかつきには、人事総務部や担当者の意識も上昇変化しており、専門家に匹敵するくらいの知識が身についています。

「規則等の作成および書類の整備」

  • 就業規則を作成し、労働基準監督署へ届けているか
  • 賃金規程は整備されているか
  • 社内における懲戒規定、不正行為防止策、セクハラに対する窓口はあるか
  • 各種規程が最新の法改正に適応しているか

「人事制度」

  • 採用基準や昇進基準に性別、国籍などの差はないか
  • 雇用契約書は交わしているか
  • 雇用契約の内容を労使双方が把握しているか
  • 定年年齢は妥当か

「労務管理」

  • 実労働時間を把握しているか
  • 36協定は毎年提出しているか
  • 時間外労働、深夜労働、休日労働の管理は適正か
  • 年次有給休暇を社員に付与しているか

「賃金管理」

  • 賃金の支払の5原則(通貨で、直接、その全額を、毎月1回以上、一定の期日に支払う)を遵守しているか
  • 最低賃金は確保されているか
  • 割増賃金の支払いは妥当か
  • 賞与・退職金の支払いの有無は明確か

「安全衛生管理」

  • 定期健康診断を受けているか
  • 衛生管理者、安全管理者が選任されているか
  • 職場の就業環境に問題はないか
  • 労災事故防止策はあるか、また社員に防止策を徹底しているか

「情報管理」

  • 顧客情報の破棄法について問題ないか
  • 各種情報について正しく整備と保存が行われているか
  • 機密情報保持規程は作成しているか
  • 社外持ち出しにつき、監督者は選任されているか
お電話でのお問い合わせ(平日9:30〜18:00)
03-6712-8889
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
前
労働基準監督署の是正勧告対応
カテゴリートップ
TOP
次
顧問契約のご相談

東京(東京都)の社会保険労務士 就業規則作成・変更 社会保険(健康保険・厚生年金保険 )手続き 加入手続き 労働保険(雇用保険・労災保険)労災申請代行 助成金 賃金・人事制度設計 許認可品川区、大田区、港区、目黒区、渋谷区、新宿区、中央区、千代田区、台東区、江東区、川崎市エリア

Copyright (C) 2008-2011 大谷経営労務管理事務所. All Rights Reserved.