HOME  > コンテンツ  > 社会保険・労働保険  > 労災保険手続き・労災申請代行

労災保険手続き・労災申請代行

労災保険制度

労災保険は、労働者災害補償保険法に基づく制度で、労働者が業務上の事由又は通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に被災労働者や遺族の方に必要な給付を行います。

労災保険給付請求(認定)は、死亡(遺族)以外の、療養の給付(治療費)から始まります。事業場を管轄する労働基準監督署長宛に請求を行います。

労災給付の種類

業務災害・通勤災害による傷病等に対して・・・
(1)療養(補償)給付
(2)休業(補償)給付
(3)障害(補償)給付
(4)遺族(補償)給付
(5)傷病(補償)給付
(6)介護(補償)給付
(7)葬祭料、葬祭給付
定期健康診断等の異常の所見に対して・・・
(8)二次健康診断等給付
保険給付の種類 支給内容
療養(補償)給付 療養の給付 業務災害又は通勤災害による傷病について、労災病院又は労災指定医療機関等において無料で療養を受けられる制度
療養の費用の支給 業務災害又は通勤災害による傷病について、労災病院又は労災指定医療機関以外の医療機関で療養を受けた場合等においてその費用を支給する制度
休業(補償)給付 業務災害又は通勤災害による傷病に係る療養のため労働することができず、賃金を受けられない日が4日以上に及ぶ場合、休業1日につき給付基礎日額の60%が支給される制度
障害(補償)給付 障害(補償)年金 業務災害又は通勤災害による傷病が治癒したときに、障害等級第1級から第7級までに該当する障害が残った場合に障害の程度に応じて給付基礎日額の313日分から131日分の年金が支給される制度
障害(補償)一時金 業務災害又は通勤災害による傷病が治癒したときに、障害等級第8級から第14級までに該当する障害が残った場合に障害の程度に応じて給付基礎日額の503日分から56日分の一時金が支給される制度
遺族(補償)給付 遺族(補償)年金 業務災害又は通勤災害により死亡したときに、遺族の数等に応じて給付基礎日額の245日から153日分の年金が支給される制度
遺族(補償)一時金
  1. 遺族(補償)年金を受け取る遺族がいないときに給付基礎日額の1000日分の一時金が支給される制度
  2. 遺族(補償)年金を受けている方が失権し、かつ、他に遺族がいない場合で、すでに支給された年金の合計額が給付基礎日額の1000日分に満たないときにすでに支給した年金の合計額を差し引いた額が支給される制度
傷病(補償)年金 業務災害又は通勤災害による傷病が療養開始後1年6ヶ月を経過した日又は同日後に傷病が治癒しておらず、かつ傷病による障害の程度が傷病等級に該当する場合、障害の程度に応じて給付基礎日額の313日から245日分の年金が支給される制度
介護(補償)給付 障害(補償)年金又は傷病(補償)年金受給者のうち第1級又は第2級の者であって、現に介護を受けているときに支給される制度。
常時介護の場合は、介護の費用として支出した額(104,960円〜56,930円)
随時介護の場合は、介護の費用として支出した額(52,480円〜28,470円)
葬祭料、葬祭給付 業務災害又は通勤災害により死亡した方の葬祭を行うとき、315,000円に給付基礎日額の30日分を加えた額(その額が給付基礎日額の60日分に満たない場合は、給付基礎日額の60日分)が支給される制度
二次健康診断等給付 事業主の行う健康診断等のうち直近の一次健康診断において、検査を受けた労働者が、血圧検査、血中脂質検査、血糖検査、腹囲またはBMIの測定のすべての検査において異常の所見があると診断され、脳血管疾患又は心臓疾患の症状を有していないと認められるとき、二次健康診断及び特定保健指導の給付が受けられる制度
お電話でのお問い合わせ(平日9:30〜18:00)
03-6712-8889
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
前
労働保険加入手続き
カテゴリートップ
社会保険・労働保険
次
労災特別加入手続き代行

東京(東京都)の社会保険労務士 就業規則作成・変更 社会保険(健康保険・厚生年金保険 )手続き 加入手続き 労働保険(雇用保険・労災保険)労災申請代行 助成金 賃金・人事制度設計 許認可品川区、大田区、港区、目黒区、渋谷区、新宿区、中央区、千代田区、台東区、江東区、川崎市エリア

Copyright (C) 2008-2011 大谷経営労務管理事務所. All Rights Reserved.