HOME  > コンテンツ  > 助成金  > 中小企業基盤人材確保助成金

中小企業基盤人材確保助成金

新分野進出等(創業、異業種進出)を目指す中小企業の事業主が、経営基盤の強化に必要な人材(基盤人材)を新たに雇い入れる場合に、助成金が支給されます!

基盤人材一人当たり140万円(5人を上限とします)

一般労働者一人当たり30万円(基盤人材の雇入れ数と同数まで)

例)基盤人材を5人雇入れ、それに対応する一般労働者を5人雇入れた場合

基盤人材 140万円×5(人)=700万円

一般労働者 30万円×5(人)=150万円

合計850万円(最大)

次のいずれにも該当する事業主に対して支給されます。

  1. 雇用保険の適用事業主であること。
  2. 新分野進出等創業、異業種進出)に係る改善計画の認定を受けた中小企業者であり、改善計画の認定日から1年以内に、基盤人材又は当該基盤人材に伴い一般労働者(以下基盤人材と一般労働者を併せて「対象労働者」といいます。)を新たに雇い入れること。
  3. 新分野進出等に伴う事業の用に供するための施設又は設備等の設置・整備に要する費用を300万円以上負担する事業主。(事業を開始した日から第1期初回の支給申請書の提出日までの間)
  4. 実施計画申請書の提出日の6か月前の日から起算して、対象労働者の雇入れ日の翌日から起算して6カ月が経過する日までの間に、解雇等が無いこと。
  5. 過去に基盤人材5人について助成金を受給した事業主の場合、最後の基盤人材に係る助成金の支給決定日の翌日から起算して3年を経過していること。

基盤人材の具体的な定義は、以下のいずれかとなります。

  1. 事務的・技術的な業務の企画・立案・指導を行うことができる専門的な知識や技術を有する者で年収350万円以上(賞与除く)で雇い入れる者
  2. 部下を指揮・監督する仕事に従事する係長相当職以上の者年収350万円以上(賞与除く)で雇い入れる者

支給申請期限

創業又は異業種進出を始めてから6か月以内に改善計画を提出し、改善計画の認定日から1年以内に対象労働者を雇入れます。対象労働者のそれぞれの雇入れの日から起算して1年の期間について、最初の6か月を第1期、次の6か月を第2期として、各期の次の1ヶ月以内に支給申請をします。

Point

一般労働者の助成金は、基盤人材1人の申請に対応して、一般労働者1人の申請ができるようになります。だからといって、基盤人材と一般労働者の雇入れ日は、同日でなくてもかまいません。

お電話でのお問い合わせ(平日9:30〜18:00)
03-6712-8889
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
前
キャリア形成促進助成金
カテゴリートップ
助成金
次
受給資格者創業支援助成金

東京(東京都)の社会保険労務士 就業規則作成・変更 社会保険(健康保険・厚生年金保険 )手続き 加入手続き 労働保険(雇用保険・労災保険)労災申請代行 助成金 賃金・人事制度設計 許認可品川区、大田区、港区、目黒区、渋谷区、新宿区、中央区、千代田区、台東区、江東区、川崎市エリア

Copyright (C) 2008-2011 大谷経営労務管理事務所. All Rights Reserved.