労務リスク診断

労務リスク診断とは?

労働基準法および関連法、雇用安定法、男女雇用機会均等法、個人情報保護法をもとに企業が現に直面しているリスク、そして今後、顕在化してくるであろうリスクを洗い出し、そのリスクに対しひとつひとつ改善策を提案します。

社員のモチベーション向上のために「今、何が必要か」をお客様とともに考えていきます。

どんな企業が受けるべきか?

企業の業種や規模に制限はありません。

どんな企業でも不安や悩みはあるはずです。

特に、以下に該当する悩みがある事業主様、企業様には、悩みや不安を一掃でき安心して企業経営に専念できます。

  1. 労務管理の現状と問題点を知りたい
  2. 就業規則や社内規程を実際に運用できるものに変更したい
  3. 社員とのトラブルを防ぎたい
  4. 社員とのコミュニケーションを増やしたい
  5. 臨時雇用、パート社員、アルバイトの雇用管理ができない
  6. 外国人の雇用や在留期限管理が煩雑で対応できない
  7. 人事総務を所管する部署に最新の法改正を教えてほしい
  8. 労働基準監督署の調査や是正勧告に備えたい
  9. 社員の健康状態が管理できるシステムを作りたい
  10. 社員情報の管理が適正に行われているか確認してほしい
  11. 書類の記録・保存はいつまでなのかわからない

何を確認するのか?

「規則等の作成および書類の整備」「人事制度」「労務管理」「賃金管理」「安全衛生管理」「情報管理」の観点から弊社のチェックリストを使用し、ひとつひとつ確認していきます。

チェックマークがあればあるほど改善点は多いですし、道のりは長いですが、『診断→対策制定→対策運用』まで漕ぎつけたあかつきには、人事総務部や担当者の意識も上昇変化しており、専門家に匹敵するくらいの知識が身についています。

「規則等の作成および書類の整備」

「人事制度」

「労務管理」

「賃金管理」

「安全衛生管理」

「情報管理」