社会保険・労働保険

社会保険制度とは?

保険とは、病気やケガ、死亡などの災難に備えて、加入者同士で保険料を出し合い、そのお金で保険事故にあった人を助けるしくみのことです。

保険は大きく分けると、民間の保険会社が行なっている『私的保険』と国の公的機関が制度として実施している『公的保険(社会保険)』があります。

民間の保険会社が行なっている私的保険、すなわち生命保険や損害保険への加入は任意ですが、国の公的機関が制度として実施している社会保険は、一定の要件に該当すると強制的に加入する仕組みになっています。

社会保険とは、健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険、労働者災害補償保険(労災保険)、国民健康保険、国民年金、船員保険、共済保険などがあります。

中でも企業やそこで勤務する労働者に関連の深いものは健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険、労働者災害補償保険(労災保険)です。

社会保険と労働保険

新聞やニュースでは健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険、労働者災害補償保険(労災保険)をまとめて社会保険と称することもありますが、一般的にはそれぞれの内容や管轄する行政機関の違いによって、健康保険、厚生年金保険、介護保険を『社会保険』と区分し、雇用保険、労働者災害補償保険(労災保険)を『労働保険』と区分します。

社会保険労務士の手続き

社会保険労務士が職務上認められている手続きは大きく分類すると次のとおりです。